MESSAGE

ヒロタニからのメッセージ

取締役社長 廣谷清

“ものづくり”をする上で忘れてはならないことがあります。
それは、“ものづくり”を支えているのは“人”であるということです。
ヒロタニは創業から半世紀以上の間、“ものづくり”と向き合い、そして共に歩んでそのことを学んで参りました。

「明るく楽しく。そして挑戦。」
これはヒロタニのビジョンです。挑戦をし続けるには明るく楽しい環境が必要です。 そういった環境づくりに積極的に取り組んでいくのもヒロタニの特徴です。
最近では、社員同士のコミュニケーションなどがとりやすく、そして何より働く意欲がわいてくる空間づくりを追求し、 本社の社屋を全面改装いたしました。社員がどんどん挑戦をしたくなるような環境作りを、これからも追求していきたいと思います。

会社が社員を支え、社員が会社を支える。
会社と社員はそのような相互の信頼関係が生まれて始めて成り立つと考えております。
同じ志をもつ仲間と一緒に新しい未来を創っていって頂きたいと考えております。

株式会社ヒロタニ
代表取締役 廣谷 清

VIDEO MESSAGE

「広島の社長.tv」インタビュー映像

「広島の社長.tv」は、今日の広島を牽引するトップリーダーの生き様を番組化し、 次世代を担う学生や起業家に生きるヒントと学びを与える為に構築された日本最大の経営者ウェブTVです。
その「広島の社長.tv」で株式会社ヒロタニの取締役社長である廣谷 清が取材を受けました。廣谷 清の考え方や見つめるビジョンなどが、 約8分の映像に凝縮されております。

インタビュー映像は、下記バナーをクリックしてください。
クリック頂きますと「広島の社長.tv」のインタビュー映像ページへリンクされますので、再生ボタンをクリックして映像をご覧下さい。

広島の社長.tvはこちらから

目標そして挑戦。

取締役 業務本部 本部長 住田 岳生

皆さんは目標をお持ちでしょうか?

例えばマラソンを走る時に何も考えずにただ走るのではなく、何時間以内にゴールしたい、何位以内に入りたいという目標を持つことで、目指すタイム内にゴールできるようペース配分を考え、達成を目指して走ることができます。
目標もこれと同じで、明確な目標を立てずに、ただ「何となくこれをやりたいな」「こうなったらいいな」とぼんやり思っている程度では何も変わりません。

私は毎日の目標、1ヶ月の目標、1年間の目標、長期の目標、と様々なレベルで目標を立てています。目標を立てることによって、自分が何をするべきか明確になり、非常に前向きに仕事ができます。
目標とは、頑張りを強制されるものではなく、自分が満足できる将来に向かうための「地図」や「道しるべ」のようなものなのです。

皆さんも是非目標を持って日々を過ごして下さい。その目標を達成するために何をするべきか考えて行動し、仮に上手くいかなかったとしても次の方法を考えて行動する。これを繰り返すことで皆さんは成長し、自らが望む姿に近づくことができるはずです。

そうして自分の理想の姿を追い続ける皆さんとお会いできることを楽しみにしております。

株式会社ヒロタニ
取締役 業務本部 本部長 住田 岳生

謙虚な姿勢になれるか。

取締役・総務本部 本部長 久保田 利光

ヒロタニが誕生してもうすぐ60年になります。
その間、幾多の時代の変化や景気の波に対応してきました。

変化は、どの時代でも起こりうる必然のできごとで、時代の流れや変化に対応できる姿勢を常につくっておくことが重要だと考えています。
時代が変われば、それに合わせたやり方に変える必要があります。変化が大きいとやり方も大きく変えなければいけません。

車づくりにおいても、次世代に向け、日々変化し続けています。その中で求められるのは、半歩先をリードして、本当に必要なものが何か、今何ができるだろうかと考える事です。
そのためには、視野を広げ、常に「謙虚」な姿勢で、多くを吸収しながら、「新しい時代の流れ」について行くことが求められます。もし、自己満足してしまえば、その時点から後退がはじまります。

「変化を柔軟に受け入れる謙虚な姿勢」があれば、時代の変化を乗り切る事ができます。
弊社では、どんな状況においても、柔軟に対応し、さらに、物事の変化をプラスに変えられる人材をもとめています。

株式会社ヒロタニ
取締役 総務本部 本部長 久保田 利光