STAFF VOICE:File 01

上岡 慎也

上岡 慎也

Q1.入社動機

私は大学では情報学部に入り、主にプログラム言語を学びました。
私はPCを使うのがすごく好きで、大学で学んだことを活かせる仕事をしたいと考えていました。 そういう思いで就職活動をしていて、大学でヒロタニが基幹システムの切り替えに伴い、新たにシステム管理者の募集に来ました。
その時の説明会で、「頑張る人、頑張れる人、頑張っている人、チャレンジしていこうとする人」を求める人物像としていました。 私も「頑張る、チャレンジ」をいう言葉が好きで、この言葉に惹かれ大学で学んだことを活かして 一緒にチャレンジしていきたいと思いこの会社を選びました。

Q2.今どんな仕事をしていますか?

私は「管理課電算」とう職場で仕事をしています。
電算では主に取引先様から頂く注文データを処理して、工場で生産している現場へ情報を渡すといった生産管理が主な仕事です。 取引先様へ納入するときに違う部品を入れてしまう現品相違や出荷のし忘れで納入されず未納になってしまわないように 出荷時には部品の照合を行います。この照合に使うQRコード付のラベルを作成するデータベース、 その照合データの管理をするデータベース、また現場で生産計画を立てるときに必要なデータなどをAccessやExcelなどで処理をしています。 こういった現場のサポート役を電算で行っています。

Q3.ヒロタニの好きな点は?

ヒロタニに入ってから感じたことは、組織間の距離がないと感じました。 同じ部署同士はもちろん他部署の方とも距離感なく話せるということです。お互いに連携して仕事ができ、 毎日楽しく仕事ができるところが好きです。

Q4.これからしてみたい事、今後の目標は?

今ヒロタニで使っているシステムは古くなってきて色々煩わしい処理も多く、 将来的に新しいシステムに切り替えていかなくてはならないので、今はできるだけ多くの知識と技術を身につけて、 システム管理者として成長をしていきたいと考えています。 また、電算の先輩方のように会社の皆さんに頼りにされるようにチャレンジ精神を持って仕事に取り組んでいこうと思います。

Q5.仕事に必要な技能や資質は?

特にこの資格がないとダメということはなく、 学校で学んだ知識とコミュニケーション力があり、目標を持って取り組める人であれば大丈夫です。 いろんなものに興味を持ちチャレンジできて、失敗を恐れないことが大事だと思います。

Q6.入社してわかった事は?

まず入社してから各現場での研修があるので、 製造業の一番大変な物を作ることを経験しました。 現場研修でヒロタニの作る部品を実際に見て触ることで、自分の会社がどんな製品を生産しているのかがわかりました。 研修をして現場の大変なところを経験したことが、電算でサポートするのに役立っていると研修の大切さを実感しています。

Q7.学生さんに一言アドバイス

たいしたことは言えないですが、自分が興味のあることは覚えが早かったり、詳しく調べたりすると思います。 私も高校生ぐらいからPCに興味を持ち大学で情報学を学びました。私は漠然としながらもPCを使って仕事をしたいと思っていたからこそ、 今こうしてヒロタニで仕事ができていると考えています。
興味のあることの延長上に仕事があるのではないかと私は思います。学生の皆さんもどんなことでもいいと思うので、 何か一つ興味のあることに対して、知識を深めていくことが将来必ず役に立つと思います。